fc2ブログ

走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

8年15万キロストーリー

DSC00736.jpg

ついに走行距離が20万キロに到達しました。
壊れる…と言われ続け、事実それなりの修理と交換を行いながらも、「クルマは走ってナンボ」という信念のもと、日常のアシに使い倒した結果の20万キロですので、その感慨もひとしおです。

DSC00744.jpg

私のアルファ164Q4は型式E-164K1Hで車台番号ZAR16400006315075、1995年に製造されドイツにデリバリーされた個体です。
日本には1999年7月に輸入され、新規登録扱いで私の手許にやって来ました。

Mvc-006s.jpg

Mvc-008s.jpg

Mvc-009s.jpg

購入時の走行距離はメーター読みで45000kmでしたが、実はそれを素直に信じることができない経緯がありました。
私が初めてこの個体と出会ったときにはメーター不良ということで修理のためにメーターハウジングが取り外された状態だったのです。
そして、納車の際には修理が完了していたのですが、そのメーターハウジングは修理ではなく交換されていました。アルファ164Q4のメーターフードは皮製で、そのエッジにはステッチが入れられていますが、交換されたメーターフードは他のモデルと同じ樹脂製となっていたのです。

20070702132251.jpg

こちらはアルファ164Q4オリジナルのメーターフードです。ご覧いただけるようにメーターフードにステッチが入っています。

164Q4-17.jpg

この皮製のメーターフードは熱と経年変化で剥がれてしまうため、このコンバートは決して悪いものではないのですが、走行距離に関してはその真偽が分からなくなってしまいました。

しかし、それ以降メーターが止まることはありませんでしたので、ちょうど私自身は8年間で155,000km走行したことになります。もちろん、私の車歴の中では最長ですし、その走行距離も最も長いもので、我ながらよくも飽きもせず…と思います。
それほどまで、このアルファ164Q4は自分の感性に合っているクルマだと言えるのですが、改めて整備記録を読み返して見ると、よくもここまで…と思うほどの整備項目が並んでいます。
その内容は、初期化のための整備に加えて、走行したことによる消耗と呼べる整備から、アルファ164に特有のウィークポイントの整備まで多岐に亙っています。もっとも、それらの分類は今になってアルファ164に関する情報量が増えたために分かることで、最初はとにかく治す…しかなかったのですが(笑)

さて、走行20万キロも一つの通過点で、これからもまだまだ走り続けるだろうと思いますが、恐らく整備項目は一回りし、これから起こることは、「いつか来た道」であろう(あって欲しい)と思っています。
整備記録の公開を…というリクエストを頂いていますので、そのうち整理分類してご紹介して行きたいと思いますので、ご期待ください。

あっ。でも、「アルファ164の10か条」に整備金額の累計は決してしないこと…という項目がありますので、金額は計算しないことにします(苦笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト



テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク