fc2ブログ

走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

オーナーズクラブへの誘い

CIMG0018.jpg

私たちは複数の人間による運営形態を選びました。
そして少なくとも、それは今までは正しかったと思います。

先日書いたようにオーナーズクラブに入会する三つの動機と、会長個人の動機とは必ずしも一致しないものです。
仮に会長が、情報共有や利益共有には全く興味がなく、ただミーティングを仕切りたいだけの動機でクラブを運営したならば、そのクラブはその動機を共有する限られたメンバーだけのクラブになってしまうでしょう。一人のリーダーによる運営には、そのリーダーの個人的な好みではなくバランス感覚が求められると思います。
一方で、私たちが選んだ執行部という複数のリーダーによる運営は、その個々の考え方の違いにより、結果として自然にその運営がバランスされるという利点があります。
確かに、意思決定が遅れるという問題もありましたが、執行部の皆が平等に1票の議決権を持つこと、執行部会議室というBBSを立ち上げて、問題を提起した者がそのテーマについてのみ議長となり、結論が出るまでその議論をリードし、最終的に意見が割れたときには多数決で決することなど、試行錯誤しながら意思決定のルール作りをして来ました。

運営を引き継いだ翌年に開催できた「クラブ・ラン」と呼ばれる全国規模のミーティングを、関西と関東で開催でき、そのミーティングを大盛況で終えることができた時、私たち執行部のメンバーはこれからのクラブ運営について、初めて漠然とした自信が生まれたことを今も鮮明に憶えています。
それはメンバーの皆さんが初めて、アルファ164オーナーズクラブがN氏のクラブではなく、自分達のクラブであるという認識を持ってくれたことの証であり、結果として執行部という体制を支持してくれたことの表れであったと思います。

20070628120807.jpg

その後も現在に至るまで様々なことがありました。何度か辞めようと思うような出来事も経験しました。
周囲からは、
「どうして仕事でもない、一銭の得にもならないことにそんなに一生懸命になるのか?」
と言われます。

でも、逆説的ですが私自身は、オーナーズクラブの事務局を、
「仕事ではないからこそ、楽しんで一生懸命できる」
と思っています。もし、私が「楽しんで」この役割を果たせなくなったら、それはメンバーの皆さんに失礼なことだと思っています。少しでも「皆のために私自身が犠牲になっている」と感じたら、私はこの役割を楽しんでやって頂ける誰かにお願いするつもりです。誰もそんな恩着せがましい滅私行動を望んではいないと思うからです。

非営利団体であるオーナーズクラブにとっての最低限の「お約束」は、運営する側であろうと参加する側であろうと、その全員が「楽しんでいること」ではないかと思います。

20070629111019.jpg

これからもクラブの運営では悩み続けるでしょう。メンバーも入れ替わりますし、アルファ164というクルマもクルマとしての賞味期限は過ぎつつあります。そしてアルファ164オーナーズクラブがどんなクラブでありたいか…という考えも、ヒトによって様々です。
しかし、少なくとも一人の考えで出した結論より、皆で考えて出した結論の方が正解に近いのだろうと思いますし、その正解は時と共に変わるからこそ、私たちは今までの仲間達だけでなく、新しい仲間とも繋がって行けるのだろうと思います。

私自身はオーナーズクラブの活動を通じて本当に多くのことを学ぶことができたと思っていますし、かけがえのない友人とも出会うことが出来ました。これだけでも仕事に割く以外の自分の時間を使った価値はあると思っています。

どこかのオーナーズクラブに所属している方は、少しその運営について考えて見てはいかがでしょう?
また、そんな集団に興味のない方も、一度どこかのミーテインングに参加して見てはいかがでしょう?

どんなクラブであったとしても、営利団体でない限り、それが仕事でもなく一銭の得にもならないにもかかわらず、一生懸命楽しんで、日々悩みながら取り組んでいる運営スタッフが必ず存在しているのです。

楽しいか楽しくないか、それから決めても遅くないと思いますよ。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

テーマ:その他 - ジャンル:車・バイク

前のページ