走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coppa di Tokyo 2011 ~番外編~

CDT011209.jpg

私の気の廻しすぎかも知れませんが、こうしたイベントを見学するには世の中の常識以上のマナーも必要だと思っています。

まずは、参加車両に対する配慮です。パドックに駐車して出走準備をしているクルマ達の傍まで行けるイベントはそうありません。ましてやここに集まったクルマ達はオーナーが心血を注いで大切に維持しているクルマ達です。しかもその価値は金銭のみで計ることのできない文化遺産でもあります。

しかし見ていて気になったのですが、金具のついたカバンを平気で肩から提げてそのクルマの周囲を歩き回っているギャラリーを多く見受けました。写真で見ていただいたとおり、この汐留の会場はスペースが限られており、クルマ同士の間隔もとても狭くなっていました。そんなクルマとクルマの間を行ったり来たりする場合は、万が一でもクルマを傷つけないような配慮が必要だと思います。私は敢えて表に金具のない洗車用に作られたブルゾンを着て行きました。
親が見学に夢中になり、子供だけで走り回らせたりするのも論外です。子供には罪はありませんが、罪がないからこそ親が注意する責任があると思います。
このようなギャラリーに対してもフレンドリーなイベントは、参加者だけでなくギャラリーにもこうしたマナーを求められると思いますし、また、そうでなければロープで柵を作って遠巻きに見るしかない魅力のないイベントになってしまい、それは主催者、参加者に加えてギャラリーの誰もが望んではいないことではないでしょうか。

次に会場周辺での駐車です。駐車違反がどうこうと無粋なことを言う気は全くありません(苦笑)。
主催者が今回の会場を選んだ理由はその街並みの景観にあると思います。イタリア街の街並みと参加車両が織り成す雰囲気を楽しみたいのであれば、自分のクルマがその雰囲気を壊さないかどうかを考え、もしそぐわないと思えば見えないところに駐車する配慮が求められると思います。
残念ながら、私のLANCIA Themaは今回の会場の雰囲気にそぐわないと思いましたので、路上駐車をせずに近くのコインパーキングに駐めることにしました。

今回は番外編として会場の雰囲気をむしろ盛り上げていた参加車以外の駐車車両をご紹介したいと思います。

CDT011200.jpg

仲間のクルマで恐縮ですが、青ガエルさんのALFAROMEO Junior-Z 1600はまるで参加車のように会場に溶け込んでいました。良く考えて見れば当たり前で、このクルマは過去にこのイベントに出場した参加経験車でした(苦笑)

CDT011201.jpg

これは一般見学者のクルマではなくGUESTカーでした。FIAT Abarth 750 Sestriereです。

CDT011202.jpg
CDT011203.jpg
CDT011204.jpg

ギャラリーに大人気だったのがこのAUTOBIANCHI A112 Abarthです。素晴らしいボディコンディションと本当に理想的なレーシングモディファイが施されていました。乗り逃げしたいと思ったのは私だけではないと思います(笑)

CDT011205.jpg

マスタードイエローのALFAROMEO 1750 GTVです。ナンバーを見ると相当長い間維持されてきた個体だと思われましたが、そのコンディションは素晴らしくオーナーの愛情が感じられました。

CDT011206.jpg

こんな風にさりげなく駐車されるとその佇まいが堪らなく魅力的に見えるJUGUAR XK-Eです。失礼ながら少しくたびれたその外観が余計に日常でも使われている感が出ていました。

CDT011207.jpg
CDT011208.jpg

すこし外れた場所に駐車していたのですが、もっと堂々と駐めて欲しかったTRIUMPH Spitfireです。イギリス車らしくないその外観はミケロッティのデザインで、リアフェンダーの膨らみとコーダトロンカのリアが美しいモデルです。

長きに亘ってご紹介してきましたCoppa di Tokyoの模様ですが、いかがでしたでしょうか?
こうしたイベントは参加者とギャラリーが一体となって盛り上げて行くものだと思います。もし機会があれば是非出かけて実際に見られてはいかがでしょうか。写真や動画からだけでは分からないこうした周辺の風景も含めて、どこかに琴線に触れるものがあると思いますよ。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

Coppa di Tokyo 2011 ~その六~

いよいよ出走車の紹介は最終回となります。

CDT011093.jpg

1966年 FORD SHELBY GT350です。良く考えてみれば、馴染みのあるこの年代のアメリカ車も立派なヒストリックカーです。

CDT011094.jpg

1965年 CHEVORET Corvette Stingleyです。現在もそのモデル名が残るCorvetteですが、その歴代のモデルの中でもデザイン的に最もエポックメイキングであったのがこのStingley(エイ)で、実際にイメージモデルはブルーのツートーンでエイを模したものでした。

CDT011095.jpg
CDT011096.jpg

1965年 MASERATI Sebring Sr.2です。オルシ・ファミリーによって経営されていた時代のマゼラーティのGTモデルの最高峰がこのセブリングで、3500GTの後継モデルとして開発されました。じっくり見る機会がなかったのが残念ですが、いつか「地獄クルマを訪ねて」のネタで取材したいモデルです。

CDT011097.jpg

ノーゼッケンでスタートして来ましたので出走車かどうか定かではありませんが、ASTON MARTIN DB6です。街中で普通に見かけることはないのでレースに関係した車両であることは確かだと思います。

CDT011098.jpg
CDT011099.jpg

1969年 FERRARI 365 GTB/4 Daytonaです。あまりに有名なモデルですがこちらは前期型でフロントのライトカバーがアクリル製となっています(後期型はボディと同色)。

CDT011100.jpg
CDT011101.jpg

1972年 FERRARI 365 GTC/4です。時代がミッドシップレイアウトに移っていった時期のモデルですので、歴代のフェラーリの中でもあまり人気のなかったモデルなのですが、近年その魅力が見直され一時期に比べて価格が高騰した(苦笑)と言われています。

CDT011102.jpg
CDT011103.jpg
CDT011104.jpg

上から1971年、1972年、1973年のDINO 246 GTです。最後の一台は珍しいGTC仕様(オリジナルのGTCであればすいません)にモディファイされておりそのレーシーな雰囲気が格好良かったです。

CDT011105.jpg
CDT011106.jpg

どちらも1973年 PORSCHE 911で所謂ナローと呼ばれる911です。1973年といえばカレラRSが有名ですが、ダックテールのカレラRS以外でもそのスリークな佇まいは魅力的です。

CDT011107.jpg
CDT011108.jpg

1975年 CITOROEN SMです。以前、中央道でフレンチブルーミーティングに向かうSMの編隊走行(笑)に遭遇したのですが、このクルマは走っているときの特に斜め後ろからの姿が美しいクルマです。

CDT011109.jpg

1965年 HONDA S600 Coupeです。スタートのトリを飾るクルマですが、居並ぶ世界の名車の中にあってもちゃんと存在感をアピールしていました。

エントリーリストではこれで終わりだったのですがどうやら飛び入り参加もあったようです。

CDT011110.jpg

FIAT 1100TVです。

CDT011111.jpg

AUSTIN Mini Marcos です。

CDT011112.jpg

AUSTIN Mini Cooper 1071Sです。

長い間お付き合いいただきありがとうございました。こうして改めて写真を整理しながら掲載するだけでもお腹一杯になってしまいますが、実際にイベントに行けなかった読者の方に、少しでも行った気になっていただけたなら幸いです。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

Coppa di Tokyo 2011 ~その伍~

ようやく後半の参加車のご紹介ですが、まだまだ魅力的なクルマが続きます。

CDT011079.jpg

1959年 MERCEDEZ BENZ 190SLです。300SLに外見を似せた廉価版として開発されたのですが、現在の目で見るとむしろ扱いやすいモデルと言えます。

CDT011080.jpg

1953年 PORSCHE 356です。完全にレーシングモディファイされており勇ましいルックスが魅力的でした。

CDT011081.jpg

1958年 PORSCHE 356Aです。こちらはノーマルの外観でした。

CDT011082.jpg
CDT011083.jpg

上がレーシングモディファイされた1960年 PORSCHE 356Bで、下がノーマルな外観のRoadsterです。356はクーペ、カブリオレ、ロードスターと三種のボディバリエーションがあるのですが、どれも甲乙つけがたい魅力を持っており、マニアであれば三種並べたくなるでしょう。

CDT011084.jpg

1956年 LOTUS 11です。これで公道を走るのはかなり勇気がいることでしょう。

CDT011085.jpg

1959年 LOTUS 17です。様々なイベントで御馴染みの個体で、いつもきちんと整備されており本当に頭が下がります。

CDT011086.jpg

1965年 MORGAN 4/4です。走る化石と言われるMORGANですが、昨今の不況にも関わらず業績は好調とのことです。こうした半オーダーメイドのクルマはそれが魅力的であれば、経済の好不況に関わらず顧客はオーダーするのでしょう。もちろん大メーカーと比較するとその販売台数は微々たるものですが、その環境を前提で利益構造を構築しているのですから、商売は拡大するだけが能ではないことを考えさせられます。

CDT011087.jpg

1961年 LOTUS Elite Sr.2です。後継モデルであるEranは有名ですが、基本的な構造はこのEliteをベースにしています。

CDT011088.jpg

1964年 LOTUS 7 Sr.2です。連綿と製造されているSuper 7ですので外観は見慣れていますが、何となくオーラが違います(笑)

CDT011089.jpg

1962年 MG A Mk.2です。戦後のMGの最大のマーケットは北米で、このMG Aも北米で人気のあったモデルです。

CDT011090.jpg

エントリーリストでは1967年 MINI MARCOS Mk.3 となっていましたが、FORD Angliaです。英国フォードは魅力的な小型セダンを製造していましたが、このアングリアもその一台です。

CDT011091.jpg

1964年 AUSTIN Mini Cooper S Mk.1 Downtonです。Lotus 7と同様に長寿モデルですのでこれまた外観は見慣れたモデルです。しかし、長寿モデルということは同時に細かなディテールはその年式とモデルにより異なっており、モディファイされている個体も多いためにひと目でそれを見分けるのを困難にしています。

CDT011092.jpg
CDT0110931.jpg

1965年 JAGUAR XK-E Sr.1 4.2 FHCです。これまた有名なE-Typeですが、意外に知られていないのがリアゲートの開き方ではないでしょうか。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

Coppa di Tokyo 2011 ~その四~

続いてはイギリス車からご紹介して行きましょう。

CDT011065.jpg

1948年 ASTON MARTIN DB1です。DB1という名前が示すとおり、Devid Brownがアストンに加わった最初の作品です。あまりに撮影ポジションに近づいて来たのでフレームから溢れてしまいました(苦笑)

CDT011066.jpg
CDT011067.jpg
CDT011068.jpg

上から、1949年、1954年、1953年 JAGUAR XK120です。最近イベントで多く見かけるようになったXK120ですが、何か理由があるのでしょうか。この三台は三様で、ディスクホイールとワイヤーホイール、リアフェンダーのカバーの有無とボディカラーが全て異なっており、XK120のバリエーションを見比べることができます。

CDT011069.jpg

1959年 TRIUMPH TR3Aです。あまりに有名な個体ですが、シングルナンバーに威厳を感じることができます。

CDT011070.jpg
CDT011071.jpg

1951年 MG-TDです。MG-Tシリーズは戦前から戦後にかけてそのメカニズムは殆ど変ることなく生産され続けたモデルですが、その中でもTDはその前のモデルであるTCから大幅に?外観が近代化されたモデルです。それでもイギリス人が愛したそのクラシカルなルックルは健在です。

CDT011072.jpg

1953年 MG-TFです。さらに近代化したTシリーズですが、それでもこのルックスです。

CDT011073.jpg

1960年 AUSTIN HEALEY SPRITE Mk-1です。所謂、カニ目と呼ばれるモデルですが、海外では"Frog Eye"(カエル目)と呼ばれています。国によってニックネームが違うというのも珍しい現象ですが、可愛いという点では一致しており、今尚人気のあるモデルです。

CDT011074.jpg
CDT011075.jpg
CDT011076.jpg

上から1954年、1956年、1956年 AUSTIN HEALEY 100/4です。このモデルも最近多く見かけるようになりました。これまた理由は定かではありません。今回の参加車は比較的オリジナル度が高い個体ばかりでしたが、レーシングモディファイをすると一気に印象が変るモデルです。

CDT011077.jpg

エントリーリストではAUSTIN HEALEY100/4となっていたのですが、代車のMERCEDEZ BENZ 280SLでの出走でした。

CDT011078.jpg

これまたエントリーリストでは1956年 AUSTIN HEALEY 100/4となっていましたが、こちらはAUSTIN HEALEY 100/6ではないでしょうか。

次回はドイツ車からLOTUSを中心にご紹介して行きましょう。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

Coppa di Tokyo 2011 ~その参~

クラッシックカーイベントでは大活躍のAbarthからご紹介を続けましょう。

CDT011043.jpg
CDT011044JPG.jpg

上から1957年と1959年 FIAT Abarth 750 GT Zagatoです。AbarthとZagatoの贅沢なダブルネームのファンの多いモデルです。ダブルバブルと呼ばれるルーフの膨らみが特徴ですが、これは飾りではなくヘッドクリアランスを稼ぐための実用的なデザインです。

CDT011045.jpg

1959年 FIAT Abarth 750 Sestriereです。

CDT011046.jpg

1960年 FIAT Abarth 850 Record Monzaです。Abarthがチューンしたエンジンの100ccの差はいかほどのものなのか、一度Abarthの750と850を乗り比べて見たいものです。

現在の愛車がLANCIA Themaだからというワケでもないのですが、LANCIA車を応援したくなります(苦笑)。今回の参加車両の中でLANCIA車は2台と少し寂しかったのですが、その2台は本当に素晴らしいクルマでした。

CDT011047.jpg
CDT011048.jpg

1959年 LANCIA Appia GTE Zagatoです。

CDT011049.jpg
CDT011050.jpg

1955年 LANCIA Aureria B20 GT Sr.2です。

CDT011051.jpg

外観は素晴らしい塗装ですが、コクピットはヤル気に満ち溢れていました。「照る照る坊主」とギアレバーのエクステンションがオーナーの意気込みを感じさせてくれます。

CDT011052.jpg
CDT011053.jpg

どちらも1961年 ALFAROMEO Giulietta SZです。二台とも素晴らしいコンディションで甲乙つけ難い個体でした。

CDT011054.jpg
CDT011055.jpg

何度見てもアルファ・ロメオのエンジンはオブジェにしても良いほど美しいものです。

CDT011056.jpg
CDT011057.jpg

1963年 ALFAROMEO Giulia SSです。これまた素晴らしいコンディションでした。オーナーの愛情が伝わって来ます。

CDT011058.jpg
CDT011059.jpg

1956年 ALFAROMEO Sprint Veloceです。Sprintボディにチューンされたエンジンを搭載したのがこのVeloceですが、レースカーのベースとして多くがコンペティション用にモディファイされました。

CDT011060.jpg
CDT011061.jpg

1957年 ALFAROMEO Giulietta Spiderです。Giulietta Spiderは人気のあるモデルで今回も三台が参加していました。

CDT011062.jpg
CDT011063.jpg
CDT011064.jpg

この二台は1959年 ALFAROMEO Giulietta Spiderです。違いはボディカラーだけでなくレーシングモデイファイで、バンパーを外すだけでレーシーな雰囲気に変ります。

ここまででようやく参加車の半分のご紹介が終わり、いよいよ後半戦に突入です。

クリック↓お願いします!

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。